Green Bell

株式会社 Green Bell - まだ見ぬ楽しみを世界へ

RECRUIT 仕事内容とフロー

目指すは、ゼネラリストの視点を持ったスペシャリスト。

当社としての主業務は、ネットワークを活用したWEBアプリケーションやシステム、そして、それらを導入したWEBサイトの、継続的な企画・制作・開発・運用です。ジャンルは、各種業務支援システムからエンターテイメントサイトまで、BtoB、BtoCを問わず多岐に渡っています。

目指すは、ゼネラリストの視点を持ったスペシャリスト。

スタッフは職種別に採用されますが、一つの分野においてスペシャリストとなった時点で、当該分野の業務と並行して、当該分野以外の業務や新規事業の発案に関わることを強く求められます。また、その為のバックアップは惜しみません。一つのことを追求するだけでも終わりが見えないのに・・・、と思われるかもしれませんし、実際にそうであるとは思いますが、インフラを構成する技術そのものがダイナミックに、そして、速いスピードで変化していくIT業界においては、自身の仕事内容が商品の展開する社会とどのように関係しているのか、その全貌を掴むことが、着地すべき点を射程に入れながら自由でクリエイティブなアイデアを実現していくという当社の業務において必要不可欠なものとなります。
もちろん、分業制のメリット、すなわち、フローを確立することによる高効率な業務遂行、そして、高度な専門知識と能力の維持、これらも非常に重視しています。ですから、少なくとも一分野におけるスペシャリストであることが、ゼネラリストであることを要求する前提条件となります。

まずは、特定分野のスペシャリストに。以下では、職種別に特化した仕事内容を解説します。

  • SE・プログラマの仕事

    人間の考え出したアイデアを、コンピュータが処理できるかたちへ「最適」に変化させ、実現すること、それが主な仕事です。 刻々と変化する最新技術を吸収し、技術者ならではの知見をもって提案を行うことも重要な職務となります。
  • ディレクターの仕事

    新規、実施・運用中を問わず、各プロジェクトについて、アイデアを生んだり、会議を開いて集約したりしながら、それを分解し、具体的な仕事を作ります。また、収益モデルの作成、進行やリソースの管理、他の従業員が歩んでいる道の整備なども行います(目的とする成果物へ繋がっているか、障害物はないか。あればその除去など)。人手が足りないときは、現職に就く前に培った知識・技術で、デザインやプログラムに携わることも多々あります。
  • デザイナーの仕事

    目に見える部分を全て担当します。WEB媒体、紙媒体、写真、映像など、適性によって主として担当するものを各人が持ってはいますが、垣根が壊れることが多くあります。共通するのは、意味のあるデザインをすること。見やすくする、クリックしやすくする、情報を伝える、といった具体的なものから、心地よくさせる、雰囲気を作る、といった抽象的なものまで、頭と手を使って、案件ごとの課題をクリアしていきます。
日常業務
既に市場に展開している商品、サービス、システムについて、ユーザーやクライアントからのフィードバックを得ながら時勢に合わせて更新・改良し、高い品質を積極的に維持していく為の作業が日常業務の中心となります。
範囲の限定されたマイナーバージョンアップや小規模コンテンツの企画・制作・実施、広告の企画・制作・実施、継続的なログ解析調査やサーチエンジン最適化などが、これに含まれます。また、顧客毎に作成する必要のあるグラフィックワーク、プログラムのカスタマイズも存在します。
新規プロジェクトの業務フロー
新規プロジェクトの基本的な業務フローです。実際には逆流することが多々あり、その度に泥だらけになったりします。
忙しくも穏やかな日々を過ごしていると、なんだかムズムズしてくることがあります。刺激物=新しい技術やサービスの情報に事欠かないのが、この業界の特徴です。日常業務に加えての新規開発の大変さは知っているのに、つい、うっかり、新しいことをやってみたくなります(必要に迫られる場合もあります)。
会議を繰り返しながら、エンジニアやデザイナーはプロトタイプを作ったり技術的な実験を行ったりします。日常業務は止まないので忙しいですが、徹夜はしません。効率とスピードをあげて処理します。それでも間に合わない場合は、スケジュールを再調整するか、新規採用を行います。
実施が決定されなかった企画は、よい香りが漂ってくるまで、熟成倉庫に保管します。
誰が、何を、どう、いつ、どのように作るかを決定します。
職種や得意分野別に分担し、作業を進めます。
嫌な予感が的中するのは大体この時期です。打ち合わせを繰り返したり、孤独に悩んだりしながら、一つずつ解決していきます。
完成!
しかし、継続的な収益をあげて行くには、ここからの日常的な調整が重要です。運用しながらわいて来るアイデアには、宝が多いです。
日常業務がひとつ増えました・・・。
でも大丈夫です。スタッフも増えています。広いオフィスを求めての移転を、この8年間で4度も経験しています(独立前を含む)。※新宿御苑→新宿三丁目→新宿歌舞伎町→新宿五丁目